• HOME
  • リノベーションとリフォームの違い

リフォームとリノベーションの違いは、リフォームやリノベーションを検討している人は必ずと言っていいほど抱く疑問ではないでしょうか。最近よく聞くようになった「リノベーション」という言葉ですが、「リフォーム」と同じ意味で使っている人も多いはずです。
ここでは、混同しやすい「リフォーム」と「リノベーション」の違いや、その事例、またリノベーションに関するお役立ち情報についてご紹介します。

リフォームとは

一般的に「リフォーム」とは、老朽化した建物を新築の状態に戻すことをいいます。マンションやアパートの場合には、入居者が退居した後、その入居者の住む前の状態に戻すことを指す場合があり、原状回復ともいわれてたりしています。
なお、英語の「reform」は「悪い状態からの改良」を意味し、リフォームという言葉を使うときは、基本的に壊れていたり、汚れていたり、老朽化したりしている部分を直したり、きれいにしたり、新しくしたりすることを指します。
「マイナスの状態のものをゼロの状態にに戻すための機能の回復」という意味合いとして使われることが多いため、例えば、外装の塗り直しや、キッチンの設備の変更、壁紙の張り替えなどがリフォームに該当します。

リノベーションとは

一方、「リノベーション」とは、既存の建物に大規模な工事を行うことで、住まいの性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることをいいます。
英語での「renovation」は「革新、刷新、修復」を意味していて、リフォームがマイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための機能の回復という意味合いに対して、リノベーションはプラスαで新たな機能や価値を向上させることを表しています。そのため、リノベーションでは住まいの空間をよりデザイン性の高いものに改良したり、住環境を現代的なスタイルに合わせて間取りや内外装などを変更したりすることなどが含まれます。例えば、耐久性や耐震性を高めるために壁の補修を行ったり、家族が増えたことから、仕切りの壁をなくして、広々としたリビングダイニングキッチンにしたりすることなどが「リノベーション」に該当します。このように、リノベーションではライフスタイルや生活環境に合わせて自由自在にアレンジできるという魅力から、近年では非常に人気が高まっています。

リフォームとリノベーションの違い

現在、「リノベーション」と「リフォーム」の言葉の使い分けは非常に曖昧になりつつあり、明確な線引きはされにくくなってきています。 しかし、「リフォーム」と「リノベーション」はそれぞれ異なるメリット・デメリットと「工事の規模」や「住まいの性能」に関する違いがあります。では、両者の違いについてもう少し詳しくみていきましょう。

工事の規模

設備の変更や修繕など、システムキッチンやユニットバスの入れ替えや壁紙の貼り替え程度の比較的小規模な工事は「リフォーム」に分類されます。一方、間取り、水道管、排水管、冷暖房換気設備の変更など大規模な工事は「リノベーション」に分類されます。リノベーションでは、「フルスケルトン」といって全てを解体し、躯体構造だけにして改修を行うケースも珍しくありません。そのため、部分的な改修を行なうリフォームに比べて、工事の規模が大きいのが特長です。

住まいの性能

新築の時と同等か以下の性能になる工事は「リフォーム」に分類されます。一方、新築の時以上の性能になる工事は「リノベーション」に分類されます。

また、住宅にオフィススペースを設けたり、オフィスビルを住宅用に改修する等、用途の変更が伴うリノベーションのことを「コンバージョン(変換、転換)」と言われることもあります。日本でも少子化で廃校になった学校がオフィスや福祉施設となったり、オフィスビルが供給過剰となっている地域で多くの空室が発生し、その対策としてマンションとするコンバージョンが見受けれます。リノベーションでは、プランニングの段階から改修に使用する素材などをオーダーできるケースも多く、断熱や採光、通風、省エネ、耐震設計などお住まいの性能を大きく向上させる改修が可能です。 そのほか収納性の向上など、生活するうえで欠かせない箇所の改善も図れるので、住宅の価値もグッと高まるでしょう。

リノベーションのメリット・デメリット

 
 

リノベーションのメリット

 

1.生活スタイルに合わせて自由に設計可能

リノベーションではライフスタイルなどの暮らしに合わせた住宅改修がメインになります。 例えば、お子様が生まれることを見越して、どこでも目が届きやすい住空間に間取りを変更したり、収納機能が低く、家事導線が悪いキッチンを使いやすいようにつくり変えたり、趣味を楽しむ空間を設けたりと、そのバリエーションは様々です。北欧やアメリカン、フレンチテイストなど自分の好みのデザインを表現することも楽しみの一つです。

2.物件の選択肢が豊富

中古マンションや中古住宅を改修するリノベーションは、新築物件などより選べるエリアと物件数が多いのも魅力です。 人気のエリアなどはすでに住宅が立っていたり、好立地の物件があったりしても、設備や環境に不満が残る…というケースも多いのではないでしょうか? 中古物件や築古物件でも、リノベーションで住みよく作り変えれば新築と同様、またはそれ以上の環境にお住まいいただけます。

3.物件の資産価値が高まる

物件の築年数が古くても、リノベーションを実施することで室内の使用や設備の状態などが改善されていると、物件の資産価値が高まったり、資産価値が下がりにくくなったりするケースもあります。長いスパンでライフプランを考えたときにも、築20年以上の中古物件など資産価値が落ちにくい物件を所有することも一つのポイントです。

4.新築を立てるよりお得

新築物件は「新築」というだけで、高めの価格設定がされることも珍しくありません。 結婚や転職など、ライフステージの変化と重なることの多いお住まい選びは、なるべくなら予算内で済ませたいものですよね。きれいで暮らしやすい、自分好みの物件に住みたい方に、リノベーションはピッタリでしょう。

リノベーションのデメリット

 

1.暮らし始めるまでに時間がかかる

物件選びからプランニング、住居の調査や実際の改修工事…と実際に暮らし始めるまで時間がかかってしまうのは、リノベーションのデメリットの一つでもあります。 時間が取りにくい忙しい方や住環境をすぐに変えたい方は、もう一度プランを考えなおしてもいいかもしれません。

2.築古の中古物件では耐久性に難があるケースも

1981年の耐震基準の見直しによって、建築基準法の改正以前と以降で住宅の耐震基準が異なります。また、築年数が古い物件では、単純に設備や資材の劣化から耐久性が落ちてしまっている物件もあります。 リノベーションでは、中古マンションや中古住宅を対象とするため、必然的に物件の耐久性が低いリスクが生じてしまいます。 そのため、リノベーションを検討している方は、専門の業者の方と一緒に物件選びをすると安心です。

3.ローンなどの金利が高くなりやすい

リノベーションでは、一般的な住宅ローンは利用できません。そのため、ローンをなどを組む際には金利の高いリフォームローンなどを組む場合もあります。 一般的に、リフォームローンは住宅ローンよりも高い傾向があるので、ローンを視野にいれた工事を検討している方は、前もって料金に関するお問い合わせをしておくのがいいでしょう。自治体によってはリフォーム減税や補助制度が使えることもあるので、お住まいの地域や役所のHPなどを確認してみてくださいね。

また、中古物件を購入する際に、リノベーションの工事費用も合算して、低金利な「住宅ローン」にまとめて組むことも可能です。中古物件購入とリノベーションをワンストップで提供している専門の業者の方に相談してみましょう。 中古住宅の購入+リノベーションのローンに関する詳しい内容はこちらをご覧ください。

リノベーションにかかる費用

リノベーションは小規模な改修から大規模な改修まで、様々なものがあります。
そのため、工事にかかる費用も改修の内容によって大きく変わります。リノベーションの費用に関わることを大きく分けると、物件の購入費・リノベーション工事費・引越しなどの3つに分かれます。リノベーションの金額の内訳など、費用に関する詳しい内容はこちらの記事をご参考ください。

リフォームとリノベーションのメリット・デメリット比較表

リフォームとリノベーション、それぞれのケースによってメリットやデメリットは異なります。ここで「築古物件のリノベーション」と「築浅物件のリフォーム」で、長所と短所を比較してみましょう。

築浅リフォーム築古リノベーション
工事費用安い高い
自由な間取り設計工事費用を上げれば可能全体の改修可能
物件の選択肢少ない多い
工事期間短い長い

このように築浅物件のリフォームでは、工事費用を安く済ませられますし、工事期間も比較的短くすみます。一方で、躯体構造などから変更する工事が多いリノベーションは費用や工事期間がかさむ傾向があります。 住宅の改修を考える際には、原状維持につとめる修理的な改修をしたいのか、抜本的な住宅の改修が必要なのか、よく考えるようにしましょう。

リフォーム・リノベーションの流れと進め方

ケースによって様々ですが、リフォームやリノベーションを行う際は以下のようなステップで進んでいきます。

    1. 1. ヒアリング・お住まい探し
    1. 2. 現地調査
    1. 3. ファーストプランニング・概算見積もり
    1. 4. プランニングの正式お申込み
    1. 5. 構造調査・耐震診断
    1. 6. プランニング・素材/設備選び
    1. 7. ご契約
    1. 8. 着工
    1. 9. 完工
    1. 10. 完工検査・お引渡し

リフォームやリノベーションを行ううえで、契約や工事にかかる時間は非常に重要なポイントです。 というのも、住宅を改修している期間は他のどこかの住宅で暮らす必要があり、工期の長短によって改修中にかかる生活費などが変わるためです。 また、時として工事が遅れてしまったりトラブルが起こってしまうケースも考慮して、ある程度余裕を持ったスケジュールを考えてリノベーションを進める準備を始めるのがおすすめです。 工事もスムーズに進められるよう、事前のすり合わせと進捗確認を入念に行うようにしましょう。

株式会社 堀晃だからできる!最高のリノベーション

株式会社 堀晃ではお客様目線に立ったリノベーション・リフォームをご提供しています。 また、お客様一人ひとりのご希望に合わせ、立地や住環境を加味した住まい探しもサポートしているほか、リノベーションにおいても、確かなデザイン力と技術力でお値段以上のお住まいをご提供しています。 365日24時間対応のトラブルサポートなどのアフターサービスも充実しているので、安心してお住まいいただけます。 アフターサービスに関する詳しい内容はこちらのページをご覧ください。

機能的でオシャレ!アイデアが詰まった施工事例

株式会社 堀晃ではお客様一人ひとりのご要望に応え、様々なお住まいをご提案してきました。「子育てに合わせて…」「住環境をより快適にしたい」など、リノベーションをするのには様々な理由があります。今回は数ある施工事例の中から、3つの事例を紹介します。

自宅でリゾート気分 -ゆったり開放的な空間へリノベーション

建物種別:一マンション 工期:- 築年数:14年

そろそろ自分たちの家を持とうと、当時新築のマンションを探されていたHさま。 しかし、希望のエリア内に思うような物件が見つからないため、中古マンションの購入へと計画を切り替え、間取りやデザインをリノベーションで実現することに。「開放感のあるリビング」と「自然素材の使用」といったご要望とともに、リゾート感たっぷりの空間を創実現しました。

真冬でも廊下が寒くない!高断熱リノベーションで格段に快適なわが家へ

物種別:一戸建て 工期:80日間 築年数:23年

新築でお家を建ててから23年が経過したご依頼者様。 長くお住まいになる内に、リビングや廊下の寒さに悩みを覚えるようになったそうです。 そういった背景もあり、この先も末永く暮らせるよう「断熱」から見直したリノベーションを行ないました。「格段に快適」とのお言葉もいただき、ご依頼者様も大満足の仕上がりとなりました。

商業用ビルを住居スペースにリノベーション(コンバージョン)

建物種別:ビル 工期:150日 築年数:35年

おばあさまが所有されている築35年ビルの3、4階は賃貸の倉庫でしたが、おばあさまは孫であるOさまご家族と一緒に暮らしたいと住宅へのコンバージョンを計画。 インフラ整備だけでなく、聞こえてくる踏切の視線対策や防音対策・断熱工事などの住宅性能の向上にも注力し、Oさまご家族が快適に過ごせる生活の基盤が完成しました。

株式会社 堀晃ではほかにも多数の施工事例を紹介しています。 さらに多くの施工事例を見たいという方は、こちらからご覧ください。

株式会社 堀晃の施工事例はこちらへ!

まとめ

今回はリフォームとリノベーションの違いについてご紹介させていただきました。 リフォームとリノベーション、一見似ているようで以外と違う部分が多いのです。 現在お住まいのお家で、「ここを修理したいけど、間取りから変更できたらもっといいのに…」「この先、子供が独り立ちしたら間取りを変えたい…」などのご希望がある方は、ぜひリノベーションを検討してみてはいかがでしょうか?きっと、今よりも暮らしやすいライフスタイルが楽しめるはずです。

 
リノベーション検討の際の検討材料として、物件の選択肢が増えるなどのメリットから、ローンの金利が高くなる傾向があるなどのデメリットをご紹介しています。メリットとデメリット両方を十分に理解したうえでリノベーションを検討しましょう。
 
リノベーションしたいけどどのくらい費用がかかるのか不安という方も多いのではないでしょうか。リノベーションする際にかかる費用の内訳や、それぞれの価格帯でできるリノベーションの主な内容をご紹介しています。