• HOME
  • ミッドセンチュリーのアメリカンテイスト。 ポイントは、きれいすぎないこと

ミッドセンチュリーのアメリカンテイスト。 ポイントは、きれいすぎないこと

POINT

アメリカの古いアパートを連想させるような、レトロな赤いスチールドアを開けると、素材のディティールと照明計画にこだわった空間が広がっています。あえてダウンライトは用いず、間接照明とブラケットによって明るすぎない空間にこだわりました。部屋の細部のディティール、タイルの目地の色や太さ、コンセントプレートと、その内部の機器の色まで。シルバーとグレイッシュ、そして、きれいすぎないことを軸に選びました。

斜めに設置したキッチン。デットスペースを生むことなく、かつ空間を確保した数ミリのせめぎあいにこだわりました。

天井の質感。壁のレンガ張りのタイルの目地の色、太さ。斜めに貼っていった味のある床板。全く異なる素材たちが、そのディティールのこだわりによって調和し、アメリカンテイストを作り出します。やわらかな間接照明が、その空間に光を落とします

施工前のBefore写真

施工前のBefore写真

スケルトン写真

OUTLINE

コンセプトミッドセンチュリーのアメリカンテイスト。 ポイントは、きれいすぎないこと。
物件種別マンション建物面積54㎡

PLAN

BEFORE

AFTER